ブルーアイズのDM部屋

トレンディングカード!デュエルマスターズを好きな人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マナカーブについて

おはようございます
(^^ゞ
今週は大会に出たいけど土曜日しか、近辺はないらしく仕事で出れないため今にも倒れそうなブルーアイズです(x_x;)


さて…今日はマナカーブについてのお話し

一般的に低コストを多め高コストを少なめにするとバランスがいいとされています

デッキを構築してみてから
マナコスト順にグラフにしてみて下さい

綺麗に線が繋がるのが理想的と言われています

ただし、コンボデッキなどはあてにはならないので注意
コストを踏み倒すような場合など

また、色に関しても
枚数の調整が取れていれば事故防止に繋がります
しかしブルーアイズは
ちょっとその色バランスに工夫をしてます
参考例は
青緑白黒超次元のレシピ

色バランスは

緑多め


普通



少なめ

気になった方は確認してみて下さい

ブルーアイズの基本

まず第1にドロソ
青の引き重視
第2にブースト

白黒に関しては

黒は高コストだけ
白は若干早く動く場合もある
アヴァラルドなど

ようは高コストは後半に使うため、序盤には使わないため枚数を減らしたマナカーブとなる

序盤は早々に引きとブーストしてれば自然と後半にはマナにも手札にも少なくても回ると言うわけ
そうゆうベースであのデッキを構築してあります
スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 08:33:15|
  2. ブルーアイズのデッキビルディング基礎編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アドバンテージ

こんばんは(^-^)

今日はアドバンテージについてのお話しをしようと思います
デッキを構築するにあたって考えてみてください
まず、簡単に言えば各プレイヤーのカードの損得の事をアドバンテージと言っていいと思います

例え

自分
陰謀と計略 ー1枚

相手
サイキックをバウンスされ、手札も1枚を墓地へー2枚

自分がこの時に1枚減るが相手は場と手札を2枚損をすることになる

つまりこの差が大きいとかなりアドを取る結果となる

ドラヴィタホールは得にいい例

5コストで唱えて
7コストのサイキックを出しつつ3コスト以下の呪文回収

コスト的にかなりお得な訳
だから強いとされる

アドバンテージを分けると

ハンドアドバンテージ

手札の枚数差

フィールドアドバンテージ

お互いのバトルゾーンの質や数差

テンポアドバンテージ

マナ差やタイムトリッパーやゴーゴンシャックなどによる妨害、またはマナ破壊などによるランデス、他にバウンスなどによる相手の召喚したクリーチャーを場から戻すなどなど…

色々なアドバンテージがある

またデルフィン、バルカディアス、クィーンなどによる呪文のロックなどは手札が呪文ばかりの場合は枚数があってもアドバンテージを取られてる場合もある

この損得も戦う上では重要になってくる
特にハンドアドバンテージが物を言うため

皆さんもそのあたりを考慮しつつ、相手側よりもアドバンテージを取れるように心がけましょう
(^▽^)ノ
  1. 2011/04/14(木) 19:49:54|
  2. ブルーアイズのデッキビルディング基礎編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カラーのお話

おはようございます(^-^)
カラーについての大まかな説明
まずコンセプトを決めてからキーカードを考えてみます

デッキを作成する前に何が必要か?

ブルーアイズが考えるのは
・キーカード
・ドローカード
・マナブーストかコスト軽減やコンボを利用したコストの踏み倒し
・除去カード
呪文なりクリーチャーなり・防御
Sトリガー、
ブロッカー
忍者など
後は余ってるスロットに
何かしらブルーアイズなスパイスを振りかける

この事から
キーカードを軸にして
足りない物をカラーを見ながら考えてみると必要なカラーが出てくる
簡単に説明

自然

マナブースト
サーチ
マナゾーンのコントロール



パワー
ブロッカー
ロック



ドロー
サーチ
バウンス
ブロッカー



スピードアタッカー
火力
パワーアタッカー



除去
ハンデス
墓地コントロール
ブロッカー

大体な感じで見て頂けると助かります

またカラーの話しは追々していこうかと思います
  1. 2011/03/05(土) 08:05:37|
  2. ブルーアイズのデッキビルディング基礎編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

カラー

こんばんは(^-^)

忙しくて書き込みがペースダウンしてますが、そのあたりはご了承下さい
ちなみに今日は簡単なカラーの早見表を
書き込みます

アナカラー
自然・水・闇
ディガカラー
光・闇・火
シータカラー
水・火・自然
ネクラカラー
闇・光・自然
トリコロール
光・水・火
ドロマーカラー
闇・光・水
トリーヴァカラー
光・水・自然
クローシスカラー
闇・水・火
デアリガズカラー
闇・自然・火
リースカラー
自然・光・火

となります

ブルーアイズなりの
デッキ構築手順
まずはコンセプトとキーカード
次はカラーを決める
このあたりを踏まえて今後は書いていこうと思います
(^-^)
  1. 2011/03/04(金) 20:34:16|
  2. ブルーアイズのデッキビルディング基礎編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。